光と闇の風俗ライフ
フリースペース
 >  > 愛しい存在だと思った子

愛しい存在だと思った子

この前由希子という子とプレイしたんですけど、正直デリヘルという事を忘れてしまいそうになりました。それはとっても好みであると共に愛しいって思ったんですよね。何が愛しいのかっていうと仕草とでも言うんですかね。喋り方とかすべてが自分のツボとでも言うんですかね。舐めてもらってりう時の横顔もとっても可愛らしくて、デリヘル云々じゃなくて隣で寝てくれているだけで満足っていうか。そんな事を思ったのも初めてですよね。それまで何回デリヘルを利用してきたか分からないような男なのに、いきなりそんな気持ちになるっていうのはそれくらい好みだったって事なのか、その時の気持ちでしかないのか分かりません。でも気持ち良さはもちろんですが、由希子に対して愛しい気持ちが芽生えたのも事実ですね。もちろんお客とデリヘル嬢という関係をしっかりと弁えていましたが、初対面なのにあそこまで感情移入させるのはある意味魔性の女の子なんじゃないかなって思いました。

[ 2014-09-22 ]

カテゴリ: デリヘル体験談

人気のデリヘルは錦糸町の[エッチなホームルーム]